知人の家庭内暴力

画像


家庭内暴力にも色々なケースがあるのだろうが、女子高生の暴力現場を見せられて、止められなかった夫はかなりの自己嫌悪らしい。暴れたのは、夫の幼なじみが育てた孫で、離婚した両親は両方とも行方不明である。

腕力で止めるのなら何とかなっただろうが、認知症気味の祖父の排泄物や、徘徊のケア等々の他に、全ての家事の主婦代わりを勤めた数年間が辛すぎると、泣きながら暴れている顔を見たら、事情を知っているだけに可哀相で手が出せなかったと落ち込んでいるのだ。

親類縁者が頼りにならなければ、民生委員を訪ねるように今日にでも行ってみようと話し合ったが、熟年離婚が叫ばれる現代も、犠牲になるのはいつも子供だという事を思い知らされた出来事である。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

一昨日見た尾島のねぷたのスライドをアップしました。こちらからご覧下さると嬉しいです。

"知人の家庭内暴力" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント