尾島のねぷた祭り

画像


昨日のお盆は、例年のごとく親類縁者が集まってかなり賑やかだった。しかし何故か全員引き上げが早く、夕方には食器も全て洗い終わってしまった。本当に珍しいことである。キッチンに立ち続けて、いささか疲労気味だった私に、珍しく夫が川向こうのお祭りに行ってみようと言い出した。

お盆中なのに?と驚く私に、もう全員来てくれたから、出掛けても大丈夫だという。利根川を超えた隣町が、ねぷた祭りだと聞いてきたらしい。私もある方のサイトで拝見していたので、無性に嬉しくなってすぐに支度をした。

行って見ると凄い人で、駐車場は全て満車状態だ。夫の知り合いの家に停めさせて貰い、山車が練り歩く354号までぶらぶらと歩いてみた。夜風が頬に心地よく、風に乗って聞こえてくる太鼓や踊りの音楽も悪くなかった。

こんなお盆も悪くないと上機嫌な夫を見て、小さな幸せを感じた私である。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"尾島のねぷた祭り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント