この親にしてこの子あり

画像


金髪の若いママがこれまた金髪の2-3歳の男の子を連れて来店した。ママがカットをしている間、子供の動きは頗る活発だ。 セット台を転倒させ、椅子を遊園地のコーヒーカップよろしくぐるぐると回し、シールを鏡にべたべたと貼り付ける。

私が何度注意しても全く意に介さず、更にいたずらがエスカレートするに及んで、ヤンママの堪忍袋の緒が切れた。「静かにしろよ この野郎! ぶつ殺すぞ!」紛れもなく母親のせりふである。

いささか可哀想になった私が、おやつでもとチョコを手渡すと、この手の叱責には慣れているらしく、平然として彼は言ってのけた。「これで黙らせようったって甘いんだよおばちゃん。さっさと仕事してくれよ」

確かに私に神の手があれば、1-2分で切り終えてこの厄介な親子を帰すことが出来るし、それがいちばん早道だと悟らされた私である。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

"この親にしてこの子あり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント