これが余生?

↓我が家のタイタンビカスtatanbikasu.jpg↓我が家のミソハギmisohagi.jpg朝からメチャ暑かった昨日、いつもの様に起き抜けにブログを更新し、涼しい内にと洗濯を済ませ、庭の手入れをしてから洗顔、歯磨き、朝食を経て9時に店を開け、カットを二人終わらせて、リビングに落ち着いたのは11時頃だった。ここまでは自分でも納得できるのだが、問題はその後の一日の過ごし方だ。

ソファーにデーンと座り、テレビを見ながら熱いコーヒーを飲んでいて感じたのだ。この年になってこんなに何もしない時間が多くていいのだろうか?と。指の先ほども世の中に貢献する事もなく、ひたすら自分の食欲と新しい花を咲かせるとゆう己の欲求にのみ忠実過ぎないだろうか。

同年の人達は町内をパトロールしたり、神社をお掃除したりと、何かの奉仕活動をしているとゆうのに、私と言えばほんのちょっとの閑を見つけ出しては、ごろ寝したりお菓子をつまんだりだ。

なんかどうでも良い感じの生き方だなあと感じたが、だから何をしようとゆう事でもないのだ。こうゆう状態を余生というのだろうか。余った時間、どうでもいい時間、つまりは私なんかここにいてもいなくてもどっちでも良い時間。

考え出したらきりがないので、取り敢えずは洗濯物でも取り込もうかと立ち上がりはしたのだが。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。