落ちぶれ者と言われても

↓我が家のサイネリアsaineria.jpg
コロナ禍で友人美容師2人が廃業を決めた。一応の整理が済んだとの事で、二人そろって我が家に遊びにやってきたのは昨日の事だ。

いつもの事だが、来店者が3人だけの我が家の惨状に「こんな閑な店止めて3人でどこかに立派な店舗を作ろうよ。」と言われ、全くその気になれないとにべもなく断った私。

二人は「あんたも落ちぶれたねえ。」と捨て台詞を残して帰って行ったが、最近の私は来店者数の極めて緩いこの店が、自分の働くペースに合っていると感じ出しているようだ。

老化現象の一種だろうが、仕事が閑でもしなければいけない事は他にも山積しているので、新店舗など私にとってはもってのほかなのだ。

現在の私には、彼女たちが無事開業できるようにと、祈る事しかできないのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。