なさけなや

↓我が家のアネモネanemone.jpg↓缶詰のあんみつanmitu.jpg

昨日は日曜日だとゆうのに来店者は一人だけ。なんだかやりきれなくなってコンビニに走った。塩分糖分共に制限を受けている身だが、どうしてもあんこ類を食べたくなったのだ。

缶詰のあんみつを買い、缶のままでは悲しすぎるので小さなコーヒーカップに盛り直した。三分の一程を流しに捨てたのはせめてもの罪悪感の表れである。

口に入れるとそれは泣きたい程美味しかった。自分の望むものを制限なしに臨むだけ食べられたらどんなに幸せだろうと思いながら、あっという間に空になったコーヒーカップを、暫くは下げられなかったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。