無神経の極み

↓我が家のビオラviola.jpg
ポカポカ好天気の昨日、庭の小さな花に見とれていると、いきなり耳元で大声がした。「綺麗に咲いているねえ。」
全く見知らぬ男性で、田舎の人特有のだみ声でそのボリュームがあまりにも大きすぎる。私の聴覚は一応正常なのに。

ふと見るとマスクも付けていないし、何より近すぎる。三密そのものなので私は自分の口と鼻を掌で抑えながら逃げ出した。

「奥さん奥さん。牛乳屋だよ。誤解だよ。俺は決して悪い人間じゃないよ。牛乳を取ってもらいたくてよ~~」と叫びつつ追いかけてくる男性と、10数メートル鬼ごっこの後、私は家に駆けこんで戸を閉めてしまった。唾液が飛んできそうでひたすらそれが怖かったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。