本当に怖い

↓我が家のハイビスカスhibisukasu.jpg↓我が家のエキナセアekinasea.jpg
カットで来店したPさんはこう愚痴った。「息子がコロナにかかって、一応回復して仕事に戻っているんだけど、後遺症が大変みたいで、、」

東京に一人住まいの息子さんから「絶対に来るな!」と言われて、「私は感染して死んでもいいから行きたいのに。」と涙ぐまれていた。

コロナとはなんと罪な病気なのだろう。誰もかかりたくて感染した訳ではないのに。

我が政府の対応は本当にこれでいいのだろうか。

とにかく何とか早く終結してほしいものである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

お役に立てて良かった!

↓我が家の夕顔yuugao.jpg↓我が家のダリアdaria.jpg

高校生の頃からカットに通ってくれたHちゃんは、リモート中とかで「少し髪を明るくしてほしい」と来店した。

「テレビに映ると私の印象がメチャ暗いんですって。本当は染めたくないんだけど」
「只明るく見せたいだけなら、髪を染めなくても背景とか衣装とかメイクを変えるだけでかなり違うよ。」

「そうゆうの全然判からなくて、、、」困り果てているその表情に「判った。ちょっとHちゃんの家に行こう」と髪には手を付けずお部屋に直行。

「失礼しまーす」と入ってみて驚いた。「これお婆さんのお部屋じゃん!」

「Hちゃん! 私のお部屋グッズ、あげれば使う?」
「うんうんもちろん!よろしくお願いします。」

家にとって帰した私は、カーテン、壁時計、ひまわりとあじさい、ぬいぐるみと照明器具等々、ど派手で使えないものを運び込み、女の子の部屋を作り上げた。
(画像をアップできないのが本当に残念)

物音に何事かと驚いたご両親がそれを見て「わあ 女の子のお部屋みたい」だって。
 
ご一家に素直に喜んで頂けて、私は大満足だったのである。今時こんな女の子もいるんですねえ。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

嬉しかった事

↓我が家のエキナセアekinsea.jpg↓我が家のマンデヴィラmandebira.jpg
30年以上前の事だが、我が家に住み込んで働いてくれていたOちゃんが、定休日の昨日いきなりやってきた。

さいたま市で何人かのスタッフと共にサロンを経営しているが、無事開店20周年を迎えたのでお祝いのパーティーをする事になったとの事。

「出来たら出席してほしいが、何分ご高齢なのでお気持ちを聞きに来ました」と言われ、コロナも心配なのでと遠慮したが、あのOちゃんがと本当に嬉しかった。

他に出来る事も無いので、ずるずるとこの道を歩んできたが、この年になってこんな素敵なプレゼントを頂けるなんて幸せすぎる。

長生きして良かったと痛感した出来事だった。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

ちょっぴりお手伝い

↓我が家のダリアdaria.jpg↓我が家のタイタンビカスtaitanbikasu.jpg

ボランティアで介護施設に通っているUさんが言った。「お宅のあの赤い大きな花、写真を撮って皆に見せてもいいかしら?あんな立派な大きな花見たことがないもの。」

今月16日のこのブログでも紹介済みだが、このタイタンビカスはかなりの大輪且花数が多いので、嫌でも通行人の目に触れてしまう。

こんな元気な花を病人さん達に見てもらえばきっと元気になってくれるだろうとは、Uさんの思惑である。

我が家の花が、少しでも病める人たちを元気に出来るならこんな嬉しい事はない。どうぞどうぞと庭を案内しながら、ひまわり、バラ、アルストロメリア等々切り花に適した花々を手渡した。

Uさんの小さな親切心をとても素晴らしいと感じ、ほんのちょっとでも協力したかったのだ。

冴えない天候の中、私の気分はちょっぴり上を向きだしたのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


かぼちゃの所有権

↓我が家のオクラの花okura.jpg↓我が家の未来のかぼちゃkabotya.jpg
Aさんが我が家のかぼちゃの前で何かしているので聞いてみた。「何しているの?」

「あ~ かぼちゃがいっぱいなっているみたいだから一つ貰える? 大きくなったら取りに来るから。んでえ、ここん家はすぐに誰かにあげちゃうから、今の内に私の名前書いていい?」

「どうぞどうぞ」と返しながら、確かに私は誰にでもあげたがる傾向があると、妙に納得したのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。



緑気のない酢豚

↓我が家のクレマチスcrematis.jpg↓我が家のヒャクニチソウhyakunitisou.jpg↓我が家の緑のない酢豚subuta.jpg
一日中雨の昨日、何故か猛烈に酢豚が食べたくなった。

冷蔵庫を探してみたが、ピーマン、きゅうりはおろかオクラもインゲンも、緑の野菜が何もない。缶詰のグリンピースまでも見つからないのだ。

使えそうなのは、豚肉と玉ねぎ、にんじん、パプリカ、シイタケ等々で、出来上がりが限りなく汚らしい色合いになりそうだ。

しかし、食べたいものはどうしても食べたい訳で、あるもので酢豚作りを強行したが案の定色合いが最悪である。

作ったものは食べなければなくならないので、しぶしぶ箸をつけると意外にもこれがまたかなり美味で、結局は完食したのだから何おかいわんやである。

結果、得た教訓が二つ。
1. 何事も外見で判断するな。
2. せめてブロッコリーやさやえんどう位は常時冷凍保存すべし。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

約束は慎重にすべし

↓我が家の夏水仙natusuisen.jpg↓我が家のミニダリアdariya.jpg
農家のGさんをカット中、雑談していてこんな約束が出来上がってしまった。

次の定休日、若し雨が降らなかったら我が家の花壇の雑草を全部Gさんが抜いてくれる。代わりに私はGさんの息子さん(小学2年生)の自由工作の宿題を代行するとゆう約束だ。

お互い苦手な事をしないで済むのは本当に有り難い。私は昨夜、早々と預金箱を作ってしまったので、既に無罪放免である。

しかしふと考えた。若し次の定休日が雨だったらどうなるのだろう。その次の定休日にとゆう約束はしていないので流れてしまうのだろうか。

全てに於いて、どこか詰めが甘いのは、私の最大の欠点である。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。 

ここにもコロナ被害が、、、

↓我が家の百日紅二態saru1.jpgsaru2.jpg↓Sさんおお土産の桃momo.jpg
隣の町からわざわざヘアケアに来てくれるSさんは、色々な果実を育てている大きな果物園の園長夫人だが、昨日のお土産はおいしそうに熟れた桃だった。

桃は他の果実に比べ、虫の被害が多いらしく袋をかけても上から蜜を吸われてしまうらしい。

しかも今年はコロナ騒動故に豊作でもなかなか買い手がつかないとの事。

一年間苦労して育てても、最後の販売過程で失敗しては全ての努力が水泡に帰してしまうと、その表情は限りなく暗い。

憎きコロナ騒動の、早い終結を心から祈る日々なのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

ひとり店舗の限界

↓我が家のクレオメkureome.jpg↓我が家のブットレアbuttorea.jpg
昨日は何故か来店者が相次ぎ、午後からは3人もお断りせざるを得ず。

予約の電話に至っては、計4人に次回に回っていただく始末。連休の前だからだろうか。

応援を頼む時間も取れず、一人店舗の限界がこんな形で現れるなんてと本当に口惜しかった。

不本意ながらお断りしてしまったお客様方、本当に申し訳ありませんでした。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


花壇の断捨離

↓我が家のホットリップス2態hotrips1.jpghotrips2.jpg↓地面が見えてきた我が花壇tuti.jpg
テレビで断捨離番組を見ていると、断捨離前の惨状に目を瞑りたくなる。物の山で床が全く見えない部屋で、日々生活している人の心理状態はさぞ悲惨だろうと同情を禁じ得ないのだ。

そんな番組を見る事に疲れ、ふと窓から我が花壇に視線を移して気が付いた。我が花壇も茂り放題の花々や雨で伸びた雑草で、地面が全く見えていないのだ。

これでは断捨離を希望しているテレビ出演者を非難する資格はないと、一念発起、地面が見える花壇を目指して、昨日の定休日を当てようと思い立った。

ダリアを間引き、バラの枝を誘引し、ラベンダーを切りそろえ、ひまわりの整枝、秋の七草の手入れ等々、丸半日必死で動き回って雑草の無い地面が洗われた時の嬉しかった事。

へとへとに疲れ果てたが、とても有意義な一日だったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

天使の来店

↓我が家の秋明菊syuumeigiku.jpg↓隣市から来店のSちゃんstyan.jpg
久し振りに、本当に久しぶりに赤ちゃんを抱いたママが来店。ママのカットを15分で済ませ、パパのお迎えを待つ間にSちゃんを抱いて私は家の中を歩き回った。

8キロくらいだろうか。ベル以外の生き物を抱擁できたのは何年ぶりだろう。私も人間界の一人だったのと、高齢者に囲まれた日常の中で実感できたのがとても嬉しかった。

Sちゃん 来てくれてありがとう。次はまた一段と重くなっているでしょうね。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


ありがとうの10乗

↓我が家の朝顔asagao.jpg↓我が家のアラビアジャスミンarabiaj.jpg↓掘り出した古い木の根ne.jpg
珍しく薄日が漏れ始めた昨日、気になっていた古い木の根を掘り出し始めた。

しかしながら掘っても掘っても底が見えず、悪戦苦闘の末放り出してしまった私に、黙って見ていたHさんがあっとゆう間に掘り出してくれた。

「パーマやさんじゃあ100年かかっても無理だんべえ」と憎まれ口を聞かれたが、私は三拝九拝である。

何と言われてもやってもらった方が有り難い。偉大なる農家の主婦Hさんに、深く深く感謝した出来事だった。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。




泣いてくれた人

↓我が家のミニランタナrantana.jpg↓我が家のルリ玉アザミruritama.jpg
5年前までは、夫が毎月庭のお手入れをさせていただいていたSさんが、「髪は来ないのに勝手なんだけど、ちょっとお花見せてもらえるかしら?」と来てくれた。

無論嬉しくない筈はない。

「どうぞどうぞ」と迎え入れると、何故かベルがのそのそとやってきて私の足元にずさりと座り込んだ。

それを見たSさんは、「あらあ! あんた未だいてくれたの? おじちゃんが居なくなってから全然姿を見ないから、後を追ったのかと思っていたのよ。まあ よく元気でいてくれたわねえ。」と頬ずりまでしてくれたが、その目に光るものを見た私は不思議な感動を覚え共に涙ぐんでしまった。

「おじちゃんと良く散歩していたわよねえ。真っ白で毛がふさふさして、とても嬉しそうに歩いていたんだよね。これからもおばちゃんを守って元気でね。」とまで言ってもらえてベルは心持得意げだ。

久方ぶりに夫を思い出した私は、来るお盆には夫の好物だったおはぎでも手作りしようかと、珍しく今は殊勝な思いなのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。



花と競う命

↓我が家のアブチロン(チロリアンランプ)abtiron.jpg↓我が家のほうずきhouzuki.jpg↓おだまき草の種まきtane.jpg
小雨の昨日、依然として客足は遠のいたままなので,西洋オダマキ草の種まきに励んだ。開花は二年後だから、私自身生きているかさえも判らないのに。

きっと誰かにそう言われるだろうと思いながら、撒き終わって水をあげていると、遊びに来たHさんが笑いながら言った。

「この花は 再来年しか咲かねんだんべ? 私達それまでは死んでも生きているべーね。」

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

テストされちゃいました

↓我が家のフロックスfurokkusu.jpg↓我が家のイヌラinura.jpg
去年介護ホームに入所した筈のSさんがひょっこり顔を見せてくれた。

「暫くねえ。懐かしいなあこのお店。何も変わってないわね。カットお願いします。」

「ねえねえ。ホームの美容師さんに悪くないの? おしゃべりだけでいいのに。」と私。

「違うのよ。ホームの美容師さん、いくら言ってもオーダー通りに切ってくれないから、見本を持ってくるから見て頂戴って言ったのよ。模範カットどうぞよろしく。」

「こうゆうのいじめって言うんだよねえ。」と言っては見たものの、久しぶりのど緊張状態でのカットに終わるとどっと疲れが出たのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

タイタンビカス

↓我が家のコエビソウkoebisou.jpg↓我が家のタイタンビカスtaitanbikasu.jpg
今、我が家の花壇のタイタンビカスが好評である。理由はただ一つ、その花径の大きさである。

高さ8メートル程の空中に咲いているので、Hさんが脚立を運んでその花径を測ると、24センチもあったと大騒ぎしたからだ。

一昨年小さな苗を通販で買ったのだが、なんでもアメリカフヨウとモミジアオイの交配選抜種とゆう事だった。

去年は僅か3輪しか咲かなかったので、今年のこの華やかさは想像できなかったが、いずれにしても鼻高々の私にHさんはこう言い放った。

「まったくう、ここんちは変わった花が多いんだからあ、、、。尤も咲かせる人も変わってるけどね。(笑)」

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

かなり微妙

↓我が家の緋扇水仙hiougisuisen.jpg↓我が家の鬼百合oniyuri.jpg
定休日の昨日、近くのスーパーに買い物に出た。外出用のちょっと度の強い眼鏡と黒マスクは私にとって珍しいいでたちではないのに、偶然会った Yさんに「なんか凄くかっこよく感じる!。」と褒められた。

カッコイイと言われ、そのままなら悪い気持ちはしなかったのに後が悪い。

「判った。黒縁眼鏡だからいつもより理知的に見えるし、黒マスクが大きいから締まって感じるんだよ。顔の殆どを隠して欠点が目立たないもん。」だって。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。


新型コロナの影響

↓我が家のいちじくitijiku.jpg↓我が家のキュウイkyuui.jpg
カットで来店した専業農家のOさんは言った。「お宅のキュウイとイチジク、随分成績いいじゃない?。うちのミカンと一緒に売ってあげようか?」

Oさん宅は毎年自家製のミカンを道の駅に荷出ししていて、余ったミカンをトラックで引き売りしているとゆう。

「ありがとう。でも私、イチジク大好きだから毎日自分で食べちゃうのよ。
キュウイも常連さんに2-3個ずつ渡すくらいで、後は皆私の胃袋行きなのよね。」

「そっかそっかあ。それが一番だよね。でも見ているとコロナのせいかお客さん随分減ったみたいだから。頑張ってね。夫が行く床屋さんもこぼしていたってよ。」

コロナの影響は本当に大きいのである。

さて今日は定休日。今日こそ断捨離を進めなくちゃ。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。 


永遠のテーマ

↓我が家の朝顔asagao.jpg↓我が家の半夏生hangesyou.jpg↓我が家の緋ネムhinemu.jpg
コンビニで常連のFさんとばったり遭遇した。

レジの列に並んでいると、後ろにFさんが来たので「どうぞお先きに」と私の前に入れてあげた。

清算時、「袋はどうしますか?」と聞かれたFさんは「うちに電話してどうするか嫁に聞いてください」と答えたが、店員さんは「そうゆうサービスはしていません。」と断っていた。

Fさん宅のお嫁さんも又毎月カットに来て下さるので、新しいバッグを二枚持っていた私は、「これどうぞ」と一枚を差し出し、「後でお嫁さんに電話しておきますから。」とFさんに説明した。

電話でお嫁さんは、「義母は私がバッグを渡すと(自分でも持っているから)とわざわざ置いていったんですよね。」と愚痴っていた。

嫁と姑の関係とはどうやら永遠のテーマの様である。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

マクワウリ

↓我が家の桔梗kikyou.jpg↓我が家のマクワウリmakuwauri1.jpg↓Mさんんからのマクワウリmakuwauri2.jpg
Mさんに「サチコさんの好物だから」とマクワウリを頂いた。今年は初物である。早速食べてみるととろけるように甘くて美味しかった。

ふと我が家のマクワウリはと気になって畑に行ってみると、やっと5ミリほどの小さな実を付けた所で、収穫はまだ数カ月程先と思われた

今年は3本も植えてあるので楽しみだが、どれもこの雨で水浸しである。どうか無事に育ってくれます様にと、神にもすがりたい心境なのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

巨体輪の花達

↓我が家の鹿の子ユリkanokoyuri.jpg↓我が家のダリアdaria.jpg
どことなく寂しい我が家の雨の花壇に、巨体輪の二種の花が周囲を睥睨するかのように咲き誇っている。巨大輪ダリアと鹿の子ユリだ。

いずれも花径15センチを超える目立ちたがり屋で、訪れた人は皆一様に褒めてくれる。育て甲斐があるとゆうものだ。

しかしながら、雨に濡れてその重さに耐えられず、下を向いてしまうのは本当に残念である。

夕方には、とうとう首が折れてしまったので泣く泣く切り取って仏壇に供えたが、ダリアは水の中には向いていない様ですぐに枯れてしまった。

予報ではまだまだ雨が続きそうだが、もうそろそろ青空を見たいものである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。




驚いたこと

↓我が家のハイビスカスhib.jpg↓我が家のミニトマトmt.jpg↓我が家のアセビasebi.jpg
雨のせいか昨日は来店者ゼロの静かな一日だった。

退屈なので雨の花壇を撮り歩いたが、ハイビスカスが葉の陰で恥ずかしそうにひっそりと咲いていたり、塀際に植えこんだミニトマトが食べ頃だったりと、新鮮な画像が撮れたのは嬉しかった。

中でも馬酔木の葉が早くも紅葉し始めているのには驚かされた。夏はおろか、目下梅雨真最中なのに、自然界にも何らかの異変が生じているのだろうか。

水害被害にあわれた方々、心からお見舞い申し上げます。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

火事場の馬鹿力

↓我が家のグラジオラスgla.jpg↓我が家の大輪松葉ボタンmatubabotan.jpg
しとしと雨の中、いきなり強い風が吹き出し、背の高い鉢が3個風で倒れて道路に転がって行った。

通りかかったSさんに助けられ、二人で台車に乗せて車庫に避難させたが、Sさんは私の腕力に、「歳の割には力持ちだねえ」と感心しきりだ。
 
鉢が道路に転がっているのだから、車が通れば大変な事になるとこちらも懸命だった訳だが、後で考えると我ながら凄い力だと可笑しくなった。

何事も気持ち次第とはこの事だろうか。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

80にして諭される

↓我が家のポーチュラカpochu1.jpg
↓我が家のトレニア(多分)torenia.jpg
右手指に激痛が走り、Oさんのカット中に何度も床に鋏を落としてしまった。

「指どうかした?」と聞かれ、「泡だて器が壊れたから手でメレンゲを作ったら痛みだして、、、。筋肉が衰えているのかも?」と答えると、「貴女ねえ」と叱られた。

「美容師さんの指って、武士の刀と同じよ。もっと大事にしなくちゃ。貴方の職業意識はどうなっているの?」

去年高校の国語教師を定年退職され、今はボランティアで介護施設を回っているOさんの言葉に、私は自分が本当に恥ずかしくなった。

「ハイ。これから気を付けます。」と頭を下げると、「あら 年上の女性に失礼だったわね。」と逆に謝られてしまったが、反省すべき点は大きい様だ。婆ちゃん美容師頑張れガンバレ!

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

嬉しかったこと

↓我が家のミニひまわりhimawari.jpg↓我が家の日日草nitinitisou.jpg
昨日、3年前に母親の看病のために品川の実家に帰っていたSさんが、ひょっこり顔を出してくれた。

「とんぼ返りなんだけど、顔が見たかったから。ハイお土産!」と品川名物貝尽くし弁当を手渡してくれた。

私の大好物を忘れずに買ってきてくれた事が嬉しく、ありあわせのアイスを食べながらの20分程のおしゃべりのなんとも楽しかった事。

「今度はお正月かなあ?又買ってくるからね。」とエンジンをかけた彼女の車に、我が家の野菜の全てを積み込みながら、「安全運転だよ。絶対にね。」と、手を取り合って別れを惜しんだのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

鈴木雅之の世界

↓我が家の大輪松葉ボタンmatubabotan.jpg↓我が家のデュランタdyuranta.jpg
昨日の昼近く、一仕事を終わらせベッドに横になってテレビを付けると、大好きな鈴木雅之が熱唱していた。

たちまちそのファンキーな世界に引き込まれ、休業札を出して久しぶりに亡き息子の部屋に籠りきり、フル装備のテレビでそのサウンドを楽しんだ。今の私の唯一の現実逃避は、この種の世界に溺れる事なのだ。

久し振りに1時間余りの浮世離れした世界に浸り、午後からの仕事も快調で昨日はなんとも恵まれた一日だった。

毎日がこうだと本当に幸せなのだが。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

感謝の気持ち

↓我が家のポンポンダリアponpondaria.jpg↓我が家のるこう朝顔rukouasagao.jpg↓頂いたパプリカpapurika.jpg
カットで来店したEさんが立派なパプリカを2個も持ってきてくれた。
「あんまり見事だったからここんちの分まで買っちゃったの」と。

Eさんの帰宅後、黄色の方を4等分してピザ用チーズと顆粒スープの素を乗せ、マヨネーズで蓋ってオーブントースターで焦げ目がつくまで焼き上げた。

トースト2枚にきゅうりとたこの三倍酢漬を添え、次の予約時間が迫っていたのでインスタントコーヒーで昼食を済ませた。

考えてみると、一人暮らしの私は食料品の頂き物がとても多い。それらは買い物に出られない私の貧困な食生活をかなりのパーセンテージで補ってくれているのだ。

重い病気もせずにこうして現役でいられるのも周囲の好意のおかげだと、何故か昨日は滅茶苦茶神妙な心理状態だったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

反省しきり

↓再開花 我が家のアマリリスamalilisu.jpg↓我が家の桔梗kikyou.jpg
「かかりすぎたパーマって弱くできる?」と長年の常連のFさんに聞かれた。

「無論できるけど、かけたサロンに行かれた方がいいんじゃない? 無料で直してくれるはずだよ。」

「もうあのいい加減な男の顔も見たくないもの」

「じゃあ何のためにわざわざそんな男性の店に行ったの?」

「だってじいさんが女の人の所で飲んできたから、私だって負けられないって、、、」

それを聞いた私は他人事なのに猛烈に腹が立った。

「腹いせに髪を使っちゃ駄目だよ。Fさんの髪は大事に大事に気を使って長年ケアさせてもらってきたんだから。」

「それが判ったから今度からちゃんとまたお宅に来るからさあ。」

「やだ。もうこんなになっちゃったFさんの髪は絶対やりたくない。それでなくてもお年寄りのロングは痛み易いから大変なのよ。ましてやパーマとカラリングの両刀使いなんだから、どのくらい気を使っていると思うの?」

結局、引き続きケアさせて頂く事になったが、いつになくはっきりものが言えた私は大満足なのである。

しかしながら接客業としてはどうだろうか。若干言い過ぎの様な気がしないでもないのだがと、冷静になるとかなり気になっているのである。そんな事なら初めから言わなければ良いのに。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

これが私の第一印象?

↓我が家のポーチェラカpoche.jpg↓我が家のリコリス《狐のカミソリ)kitune.jpg
珍しく初めてのお客様が毛染めで来店された。50代くらいに見えるぽっちゃり美人だ。
お決まりの世間話の後、彼女はいきなり切り出した。

「引っ越してきてこのお店の前を何度か通る内に、この美容師さんはきっと満たされぬ思いの毎日なんだろうなあって思っちゃったんですよね。
だって庭のお花の咲かせ方が尋常じゃあないでしょ?この辺りでは見られないような変わったお花が多いし、ちゃんとお手入れされているし。
だからこれは悩みや寂しさの全てを花にぶつける事によって、孤独感や満たされぬ思いを消化させているんだなあって。
きっと寂しい人なんだなあって。」

「う~~ん~~」私は答える言葉を失ってしまったのである。

ちなみに何とか聞き出した彼女の職業は学生で、新宿の占いの専門学校でカリスマ占い師を目指して勉強中だそうである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

断捨離って難しい

↓我が家の皇帝ダリアdaria.jpg↓我が家のガーベラgarbela.jpg
カットで来店したYさんは言った。

「うちさあ 物が溢れかえってテレビで見るごみ屋敷そのものなのよね。 断捨離ってやつ?捨てるにしても何から捨てていいのか判らなくてさあ。」

「簡単だよ。ときめくものを残してときめかないものを捨てればいいんだよ。」と私。

Yさんは猛然と言い返してきた。 「うちにときめくものなんかある訳ないじゃんよ。買った時からときめかなくてもとにかく安いものって決められているんだから。ときめかないものを捨てたら何もなくなっちゃうよ。」

私はその迫力に何も答えられなかったのである。

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。

気まぐれ天気

↓我が家の木立ベゴニアkbegonia.jpg↓我が家のアガパンサスagapansasu.jpg
昨日は雨の定休日。

少しくらいなら畑の雑草を引こうと思ったが、あっという間に凄い雨量に。

諦めて夫の農作業用の合羽を脱いで家に入ったら一時的に雨が止んだ。それならともう一度着こんで畑に出るとたちまち強い雨に襲われた。

私は天にまで遊ばれている?

ブログランキングに登録しています。 すみません 人気ブログランキングへをクリックしてご協力頂けると有り難いです。