哀しくなったこと

画像

何気なくテレビを見ていてふと気が付いた。 若い女性の細い声での早口のトークが、殆ど聞き取れないのだ。

また一つ老化現象が現れたと実感しながら、「此れってどこかで聞いた話だなあ!」と考え、佐藤愛子さんの上記の本を思い出した。 確か一年ほど前に読んだものである。

処分してしまったので改めて買いに行き、久しぶりに最後の章を読み返してみた。 

そして強く実感した。 「うーん 解るわかる。 同じだよー」と思いながら、一年前にはこれほど深くは理解できなかった文意が、80歳の現在は我が事としてとらえている自分に驚いた。

この本の著者は90才。 私には10年早く同様の症状が表れたことになる。 情けない事である。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年11月19日 05:13
(o´∀`b)b ぉはぁ~♪

早口と語尾を伸ばす話しぶり。
ついて行けませんね。
関東の人は早口だといつも感じてるんだけど。

孫も早口(笑)
でもこれ普通だよって。
東京の旅友さんも早い。

この書物は読んでないけど
慣れないのはやはり早口かな??
そして疲れるのも早口です~。

違う意味で苦手なのが早口ですね~。
サチ
2017年11月19日 09:19
ぐーまさん おはよう

うんうん 私もよく早口だって言われます。
私の場合はせっかちなのよねきっと。

これなんか歯切れが良くてスカッとすることを書いてあるので大好き。
自分が歳を取ると、納得することばかりで、
考え方や感じ方って歳を取ると変わるのだと良く判りました。

一年一年変わっていく考え方がなんか怖いけど。

全てにおいて濃い子まで来たらのんびり行きたいよね。
心掛けていきます。
Seiko
2017年11月19日 11:30
サチさん こんにちは♪

この本、本屋さんにいく度に、表紙が目に入ります!
タイトルがインパクトあって、
読まなくても面白さがわかるような(^▽^笑)

え~っ? サチさん、処分して、また買った?
そうなんですよね! 本の断捨離!
一度読んで終わりのフィクションと違って、
ノンフィクションや、為になる本は気をつけないと、
「あの本、捨てなきゃよかった~」ってことに、

で、この本、やはり面白いんですね~♪

ん?10年早く症状が? 情けないととらえるか、
いやいや、そんなことは無い!
佐藤愛子さんより10年早くその気持ちがわかる
ってことは、サチさんが90歳になったら
100歳の人の気持ちがわかり、
100歳になったら110歳の人の気持ちがわかり、
120歳になったら130歳の人の気持ちがわかる、
どうよ! 世界最高齢の人の気持ちが理解できる女性に!!
あひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*)
ええ加減にseiko((^∇^)アハハハハ)
サチ
2017年11月19日 14:48
Seikoさん こんにちは♪

この本、今読むと確かに面白いです。
1年前はあまり感銘も受けなくて、読み終わったら即捨てる物置き場に。

でも今読んでみると結構共鳴できるし笑えるし、
何より同じだあ同感だあ!って部分が沢山。

人間って1年でこれだけ変わるんだって、我ながらびっくり。
是非読まれるといいと思老います。

でもSeikoさんならまだ20年くらい先で充分だけど。

いやあ あまり意識していなかったけど、
綺麗に歳を取るって大変な事だわあ。

下手すると毎日が愚痴ばかりになる。
でも自分の人生だからそれじゃつまらないよね。

この本は色々教えてくれました。
第一作者が日頃の行動を我慢しない。

私は我慢我慢の毎日だから、読んでいてスカッとしました。

本がね。 軽いから読みやすいのよね。
これって 高齢者向きの本だなあってつくづく思いました。
プリウス
2017年11月19日 15:37
コンニチワ(╹◡╹)

9月に我が市では満80歳と米寿の方々に敬老金を
お渡ししに行きました。
私の受け持ち人数は17名だったけれど、
おめでとうございますと言いながら手渡しました。
中には 何がめでたいねんとおっしゃる方がおられ、
かえす言葉なく帰ってきました。

女優さんでもほんとに綺麗で歳を感じさせない方おられますね。
外見でなく、心の持ちようだなと思います。
サチ
2017年11月20日 13:03
プリウスさん こんにちは

わあ 17名もいらっしゃるんだあ!
随分広いエリアを受け持たれているのねえ。
大変だなあ。

そうなんです。
この年になると外見の年齢差ってめちゃ多いですよね。

中味は同じように老いているのでしょうけれど、
整形の経験者も多いみたいだし。

何がめでたいと言われてもねえ。
自分の人生だから自分でめでたくしてほしいよね。

この本にも何がめでたいのかと書いてあります。
五体満足なのに作者の傲慢だと思います。
少しばかりの軟調や筋肉痛は老いの証拠。

寝たきりや貧乏な人だって沢山いるんです。
作者は人並み以上の知力や経済力はあるんでしょうに。

そうそう。 心の持ちようって大事ですよね。
私はSeikoさんを見習ってプラス思考で行こうと、
思ってはいるのですが、、、。

この記事へのトラックバック