先は長い

画像
↑ビフォー
画像
↑アフター

我が家のキッチンは、古く狭く汚い事この上なしで、典型的な昭和の台所である。 しかしながら、母屋での大家族の喧騒に疲れ果て、自分の場所が欲しくての夫の手作りだから、苦情の持って行き所もないのだ。

自分の意志で母屋に住まないのだから、これはもう自分の力で治すしかないと、先ずは流し台とガス台を塗り直すことにした。

周囲の家電機器類や家具を白に切り替えてきているので、刺し色の積りでメタリックの赤か黒を考えたが、それだと一番欲しい室内の明度が落ちてしまう。

迷った末に上記の壁紙を貼ると、思ったより悪くないので一安心だが、今度は床のクッションフロアーの柄がどうにも気になって落ち着かない。

上から張り直すにしても、クッションフロアーの厚みがそのまま段差になって残る事を思うと、カーペットで誤魔化すしか手段はなさそうだ。 躓いて転ぶのは何としても防がねばならないからだ。

そんなこんなで、古い家を理想に近づけるのは簡単ではない事を、嫌とゆう程思い知ったのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Seiko
2017年02月27日 11:37
サチさん こんにちは♪

もうもう、びっくりと感動で言葉も無いです!
今度は床のクッションフロアが?
でも、こういう思考錯誤がワクワクして楽しいんですよね♪

サチさん、プロの職人さんも裸足ですね!
我が家もサチ邸のビフォーですよ~
で、水で濡れて28年、剥がれてきたところがあって、
百均で買った大きな花のシールをベタッと貼った。
あひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*)

サチさんのように出来たらいいなぁ~
(゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン です~~

素敵な海外のキッチンのようですね♪♪
ブラボーです~♪♪
2017年02月27日 16:57
こんにちは~。

(*_*) アチャ!!!
やりましたね!!
すご技ですよ~。

もう感心しまくりの域はとっくに
超えて尊敬と感激です~。
きれいに仕上げてますね~。

本当にいい仕事をしてますね~(笑)
元々器用なんですよね。

ホント
(゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン です~~♪

私からもBravo!!
サチ
2017年02月27日 19:17
Seikoさん こんばんは♪

そうなのよね。 張り替える行為より思考そのものが楽しいのよね。

結果を想像してあっちからもこっちからも眺めて、、、。
もう家にある壁紙をあてたり外したりの繰り返しで。

貼る時間よりチョイスする時間の方が長かったわ(笑)

それにあちこちがとれたり破けていたり。
なんたってベニヤ板だものね。

ドアの中も後で塗らないと裏と表が違いすぎる(-_-;)
流石に疲れちゃって裏はいつかまたってやめました。

床はねえ。 剥がして貼り直せばいいんだけど、
剥がす手間がねえ。
それにクッションフロアーの買い置きはないし。

タイルカーペットでごまかそうかと思っています。
いつも褒めてくれてありがとう。 励みになります。
サチ
2017年02月27日 19:20
ぐーまさん こんばんは

うわあ 褒めてくれてありがとう。 嬉しいです。
無地を選べば楽だったんだけど、
こうゆう柄物は合わせるのが面倒でね。

でも新しい感じで満足です。
変わればそれなりに納得できるのよね。

まだまだ治すところがいっぱいいっぱい。
死ぬまでに終わらなかったらどうしよう?(笑)

今日は近所の人に見せて自慢しまくり(笑)
単純だよねえ私。

この記事へのトラックバック