村上龍 「55歳からのハローライフ」より

画像

娘から読み終わった本が送られてきた。娘も孫も好きなジャンルが私とほぼ同じなのは本当に有難い。これで脳外科での待合時間も何とかつぶせるだろう。

一番初めに一気読みした村上龍の短編「ペットロス」には自然に涙がこぼれ出た。ペットを失う悲しみもだが、シニア夫婦の微妙な感情の交錯に感動したからだ。

最愛のペットの死期に、ヒロインは一切の家事を放棄してペットと共に小部屋に閉じこもった。呆れた夫は「たかが犬の為に」と毒づいた。そして夫婦仲は冷えていく。

しかしペットの死後夫のブログを読んだ妻は自分の誤解に気が付いた。夫は妻を気遣っていてくれたのだ。妻は夫に「ありがとう」と言った。それでも夫は具体的には何も口にしなかった。

当然の事だが、年を取ると夫婦間の感情の動きは良し悪し共にかなりストレートになる。
しかし、表現はどうしてもそれに反比例してしまう。

照れずに口に出して伝えなければ、長年連れ添った夫婦であっても相手には伝わりにくい。
そんな簡単な事を改めてこの一遍から教えられ、これからは兎に角気持ちを言葉にだそうと思ったのである。あまり自信はないのだが。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年05月12日 09:08
何だか雲行きが怪しい朝です!!

長年一緒に暮らしていると互いにわかり合ってるなんて
錯覚するのかも知れないね。

でも同居人は私の奥の奥まではわかってないと思う。
先日のTVで夫は結婚してしまえば
自分のもの~なんて思い込んでいるが・・・
と言うことを話題にしてたけど
そうだ、そうだ!!

だから定年後妻に嫌われるんだよね~。
あっ、お互い様かぁ~(爆)
Tachn☆彡
2014年05月12日 10:31
~~~ヾ(^∇^)おはよー♪ 嵐は一向止みません。凄い風の吹きっぱなし。
素敵な本ですね。私も読んでみたくなりました。
しかし、本は目が疲れて見づらくて・・・ペットの事となると、この女性に気持ちが良く判ります。
ネットで調べてたら、6月から5回にわたってドラマ化されるそうです。
放映時間は土曜日でした。この「ペットロス」は2週目に有ります。
本の方が面白いでしょうが、でもドラマでも良いです。
此処でこのブログ読まなかったら、最近TV離れしてる私は、見過ごしたかもです。
良い情報(*^^)/。・:*:・°★,。・:*:・°☆アリガトー
サチ
2014年05月12日 13:32
ぐーまさん こんにちは

こちらも怪しい風が吹いているよ。
朝は快晴だったのに。

夫婦の感情って難しいよね。
でも後何年でもないからもうどっちでもいいけどね。

ま お互い少しでも長く楽しく生きたいだけです。
サチ
2014年05月12日 13:33
Tachn☆彡さん こんにちは

そうなの? 原作はなんかドラマになり難い素材のような気がする。
だってメンタルな部分の描写が多いし。

でもドラマは見るようにします。
こちらこそ情報有り難う。
2014年05月12日 16:41
私も含めて、老夫婦って、お互いにわかっていると思って、口に出さない、そして何気ない言葉に傷つくことが有ると思いますね。歳をとると、どうも、強情になり、言葉の工夫が、コミュニケーションがへたくそになると思っています。親しきなかに礼儀ありって、夫婦の間でも、子供との間でも大切な言葉、潤滑剤なんですね、そして、なにより、良く話すことですかね。わかっているつもりでもね!
サチ
2014年05月12日 17:57
fujisanさん こんにちは

夫婦って(特に老夫婦は)難しいですよねえ。
でもまあ あまり難しく考えてもね。
楽しむことが第一ですから。

でもこの頃「話にならん!」って言われることが多いです。
私もそう思うことも多いし。

なってもならなくても話さなきゃいけないんですけどね。
Aiko
2014年05月12日 20:10
サチさん、すっかりご無沙汰してました<(_ _)>

コメントは・・・億劫でついつい読み逃げしてました・・・三c⌒っ.ω.)っ シューッ
痛みを抱えているといろんなことが億劫になるものですね。
でも、もう少しで解放されそうです。
ブログ再開しました。気が向いた時にでも覗いて頂けると嬉しいです(*'▽'*)


この本、私も読みました。やはりこの話から読み始めた事を思い出します。
丁度、愛猫を亡くした時期だったので・・・

歌の文句じゃないですが「男と女の間には・・・深くて暗い?川がある」
なかなか分かり合えない人種のような気もしますが、やはり会話が大事って事ですかね…
私は努力不足だったかも(笑)
妥協やあきらめ、思い遣り、等々バランスが取れていれば何とかなったのかも・・・
な~んてね~(笑)  夫婦のことは言えませんが・・・

テレビドラマ化されるんですね。入院中に見れそうです(*^^)楽しみが増えました(≧∇≦)b
Seiko
2014年05月13日 00:43
娘さんもお孫さんも、サチさんと好きなジャンルが同じで、
こうして送って下さるって嬉しいですね♪

そうですね。お互いに思いやりの気持ちはあっても、
上手く口に出さなければ伝わらない。
本当にそう思います。
夫婦って、一番遠慮なく文句は言えるのに
優しい言葉はお互いに言ってないものですよね。

「ありがとう」でも「サンキュ」でも、
感謝は口に出さないとね(^▽^笑)

あっ♪ Aikoちゃんだ♪♪
sati
2014年05月13日 04:47
Aikoさん 本当にお久しぶり。
こちらこそ何も知らずに長いご無沙汰ごめんなさいね。

再手術なんですねえ。
でもそれで完全になるんですね。
早く痛みから脱出できますように。 お祈りしていますね。

もちろんこれからはちょくちょくお邪魔させて頂きます。
無理をされませんように。 そして頑張ってくださいね。

あ 読まれましたか。 娘が55歳で興味があったようです。
送られてきて初めて読みましたがこの頃涙腺も弱くなってしまって(-_-;)

会話は大事ですよね。
でもね。 我々夫婦は労kじゃのために会話は多いけどちぐはぐになりましたよ。

お互いが一方通行で好きな事を喋り捲る、、みたいな(笑)
サチ
2014年05月13日 04:49
Seikoさん おはよ♪
うんうん この頃は自分で買ってまでは本は読まないから、、、
本当にねえ
話ができるのは人間だけだものね。
話はしなくちゃね。 でも相手が夫じゃねえ。

この記事へのトラックバック