歩いていけない投票所

画像
↑今年三度めの開花我が家の藤

今回の選挙の投票所が変更された。従来の歩いて5分の所からおよそ1キロ程遠くなった。
予算の関係とかで3ブロックが一つの投票所に統合されたらしい。近所のお年よりはもう行かないと言い出した。その数が余り少なくないのは困った事だ。

予算のためと言われれば反論できないが、それならもっと他に削るべき無駄があるのではないだろうか。多少の出費があろうとも、投票率の上がる努力を惜しまないで欲しいと感じた出来事だった。

さて今日はミステリーバスツアーの日。膝痛と言う大きな爆弾を抱えての参加ですが、余り欲張らずにのんびりと海の空気を楽しもうと思います。という事で明日のブログはお休みになります。それでは行ってまいります。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Tachn☆彡
2009年08月26日 08:37
('-'*)オハヨ♪ございます。

本当に国はこんな大事な事には税金は使わないいんです。
予算の関係って、一体其れほど多額じゃ無いでしょうに。
其れに毎月有る訳でもなし、この位の事は何としてでも捻出出来る筈です。
高齢化社会って事は判ってる筈、もっと楽に選挙に行ける位の努力はして欲しいです。
こんな事も惜しむ様じゃ、やっぱ駄目ですね。

( ´△`)アァ-今日は例のツアーですか・・もうあれから10日も経ったのですね。
兎に角無理のない旅を為さってください。
お気をつけて ~~ヾ(。・ω・。)イッテラッシャーイ(。・ω・。)ノ~~
Seiko
2009年08月26日 11:24
考えてみたら、毎回車で行ってます!
もしも歩いて、となったら、すごく遠いです!
ほんとうだ! お年を召しても歩いて行ける距離、
って、これ当たり前のことよね!!
ボランティア使ってでも、近くで受け付けて欲しいわ!
だいいち、どこにも入れたくないし!
『木村拓哉』って書いてこようかしら!
なんて思うわらわどすえ~~

うわっ! もうツアーの日ですか~~!! 早いっ!!
サチさん、昨日膝が痛いっておっしゃってませんでした~?
一生懸命祈ってますね~~
「どうか、サチさんの膝が痛まず、素敵な旅が出来ますように」
写真も決して無理をせず、
元気で「楽しかった~っ! 行ってよかった~♪」
って帰ってきてね~~ 
ヽ(^O^)ノ いってらっしゃいませーo(_ _)o ♪♪

3度目の開花の藤、素敵ですね~~♪♪
サチ
2009年08月27日 20:55
Tachn☆彡さん こんばんは
今帰ったところです。
行き先は蔵王でした。帰りに松島へ。

案内人がついて離島を散策するんですけど
私は歩きませんでした。
ちょっと怖かったしね。
お陰様で違和感はあるものの痛みは出ませんでした。
ホッと一安心です。

おいおいに報告しますね。
サチ
2009年08月27日 21:02
Seikoさん こんばんは
只今帰りました。
離島とは塩釜漁港の離島でした。全工程で7000歩でした。

案内人がついての散策が2つあったんだけど、
一つは船の中で待っていました。
ちょっと怖かったしね。

お陰様で痛みは全然出ませんでした。
ご心配ありがとう。

相変わらずツアーは食事拙くて(^_^;)
でも良い気分転換になりました。

何よりかなり歩けたのが自信に繋がりました。
どうもありがとう。
都わすれ
2009年08月27日 23:25
サチさん 良かったですね・・!

分かっていたら蔵王で待っていたのに・・!
松島は遊覧船でしたか・・?
瑞巌寺や五大堂も見られたでしょう・・!
今は有料道路があって、松島は30分ほどで行けます。
行き先が分からないだから、待つわけにいきませんでしたね。
楽しまれて良かったです~!
サチ
2009年08月28日 00:14
都わすれさん こんばんは
帰宅してちょっと横になったら眠っちゃったみたいです。
これからお風呂に入ってきちんと寝なくちゃ(笑)

私も蔵王、松島って着いてみて判ったんですけど、
初めから判ってればたとえ5分でも会えたのにって
思ってました。

バスツアーは兎に角忙しくてね。
でもお陰様で膝は大丈夫でした。

案内人の人とともに島を散策するのは休んで船で待ってました。2個あって一つは一緒に歩いたんですけど、
余りパッとしないし、二度目の島は船の中でお留守番です。

とりあえず苦しまずに帰れましたので一安心です。
ご心配どうもありがとうございます。

この記事へのトラックバック