老女の嘆き

画像
                  ↑我が家のミニヒャクニチソウ

Nさんは3年前にご主人を亡くされ、今では息子さん夫婦と同居しているが、半年ほど前から来店の度に早く死にたいと言うようになった。始めはさりげなくその話題をさけていたが、昨日は他に人もいなかった事もあり事情を聞かざるを得なかった。

お嫁さんが大病院の看護師さんで、3人のお孫さんたちを生まれた時からずっと母親代わりに育ててきたのに、最近では大きくなったお孫さんたちが全然Nさんのいう事を聞かなくなったのだという。

その上、おばあちゃんは汚いと正面切って言われても、同席しているお嫁さんが何も言ってくれないと言うのだ。近所では理想的な三世代家族と言われているので、友人に愚痴をこぼす事もできないし、死んだ方が楽だと涙ぐんでいた。

ご主人が生きている時はこんな事はなかった。失ってみて初めてその有難みが判ったと言われ、夫などと言うものは居ればいたで煩わしいものなのにと思ったが、何も言えなかった。

お嫁さんにはお嫁さんの言い分もあるだろうが、やはりお年寄りは大事にして欲しいと、同じく老人の私は痛感したのである。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2009年08月10日 05:10
おはよう~。

昨夜から激しい雨だったけど(雨の音で2回くらい目が覚めたわ)今は小康状態・・・・小雨~。

サチさんの膝は職業病・・・と言ってもいいのね。
立ち仕事だしカットする時はかなり膝に負担があるでしょうし・・・・。

あながち加齢のせいばかりではないから・・・・。
何とかならないんでしょうか。

そうそう・・・今日のテーマ・・・きっとこれからの私たちのテーマですね。
若かった頃の自分と今の自分・・・・そしてこれからの自分・・・・・
いろんな面で違ってくるだろうし~。
周囲の人たちも成長し年を重ね・・・変わってくる。

もう甘んじるしかないんでしょうね・・・。
Tachn☆彡
2009年08月10日 09:05
今日も雨です。
其方に台風は向ってます。お気を付けください。

今日の投稿は身につまされます。私も孫を預かって初めて判りました。
「孫可愛がるなら、犬の子可愛がれ」・・こんな言葉が有りますが、正に其れを実感しました。
孫は自分の親、兄弟には優しいのですが、爺婆は別です。
可愛がってくれて当たり前・・みたいな処も垣間見ました。
今やっと静かな元の生活に戻り、のんびりしてます。
主人も孫との同居で如何に空気の流れが変わったかを悟り、今は私の対して人が変わった様に成っています。
この4か月で私達の得たものは、息子の子とは云え人の子供を預かるのが如何に大変かと云う事でした。
可愛いと思っていた孫はずーっと昔の孫だった様に思います。



サチ
2009年08月10日 10:17
ぐーまさん こんにちは
いやあ 昨日の地震は怖かったわア。
慌てて外に飛び出したけど、気がついたらベルのリード以外は何も持ってなくて、これじゃあ非常時には全然対処できないわ。

考えたらベルなんか私が連れ出さなくても自分でさっさと出るのにねえ。

そうですね。
おいたらもう全てを諦めておとなしくしてる以外仕方がないみたいね。

そのためには今から一人の楽しみ方を考えておかなくちゃね。
サチ
2009年08月10日 10:23
Tachn☆彡さん こんにちは
Tachn☆彡さんの所は男のお孫ちゃんだからね。
感情表現ももの足りないかもしれませんね。

でも孫って所詮そんなものですよね。
うちなんかヘアケアと野菜がなくなったときしか来ないですもの、ひどいモンです。

それでもやっぱり可愛いんだから、もう年寄りの負けですよね。自分でも歯がゆくなる時があります。

Tachn☆彡さんのお孫さんはきっと判ってくれてると思います。ご本人が判らなくても、息子さんのために頑張ったと思って早くお疲れを取って下さいね。

考えようによっては今の内に現実を直視できてよかったかもしれませんよ。ご主人様が変わったのは一番の収穫ですよね。

でもそれが長続きする保証はないのよねえ。
あ これ私の経験上の独り言ね(笑)
Tachn☆彡さんの所は大丈夫よキット。
身に染みてると思うわ。
Seiko
2009年08月10日 12:22
スライドショー拝見~~♪♪
ハスの葉がすごい! 花も、終った花も素敵~♪
アングルがメチャメチャ素晴らしくて、
「すごい!」って、何度も思いました!
姿の素敵な鳥や、色の素敵な鶏がいたり、
定員30名とか面白かったし、
美術館の水や緑もい~~っぱいで、
すごく癒されますね~~♪♪
素敵なスライドショー ありがとうございます~♪♪

大きくなったら、赤ちゃんや幼児の時とは違いますよね。
子供も、孫も、可愛いから、求められたら
存分に可愛がる♪ けど、
求められなくなったら、大人になったんだと喜ぶ。
昔、子供を抱っこしながら、そう思いました。

今のところ、まだ好かれてるみたいで(爆!)
遠く離れてるのに良く来ますけど、
振り向かれなくなろうとも、邪魔にされようとも、
子供や孫達のこと、心から愛してます♪
無償の愛です♪
「孤独死」って可哀想みたいに言うけど、
私は、出来たらそれがいい。
死んだら、『星空の守り人』になりたいです~
どっかで聞いた?(笑)
サチ
2009年08月10日 13:24
Seikoさん こんにちは
うわあ もう見てくださったの?
ありがとうございます。

殆ど歩かなかったけど、それでもこわごわ出かけたんですけどね。今日になっても痛まないので一安心です。
まだ違和感はありますので完治ではないみたいです。

そうそう。 私も孤独死希望です。
ただ、痛みを我慢するのは耐えられないので、
ぺインクリニックとだけは仲良くしておきたいです。

後は癌だろうがなんだろうが手術はごめんです。
もうやりたいことは殆どやったし、これでいいかなあって思います。

孫は爺婆から離れていくのは宿命よね。
べったりされても困るしね。

ただ、思いやりは感じていたいですよね。

この記事へのトラックバック