かくれんぼ

画像


その大きな図体に似合わず、我が家のベルは頗る付きの臆病者だ。狂犬病の予防注射に行こうと外に連れ出しても嫌がって車に乗ろうとせず、隙を見て室内に逃げ込んでしまった。

いくら呼んでも出てこないので、連れ戻しに部屋に入ると、私のジャケットと毛布との間にもぐりこんで息を殺していた。自分では隠れている積りらしい。それを見た夫は、あまりの可笑しさに今日はやめようと言い出した。

もう注射はやめて散歩に行こうと夫が声を掛けると、ベルは勢い良く飛び起きて駆け出してきた。千切れるように尾を振りながら夫に従うベルを見送っていると、本当に可愛いなあと胸が熱くなった。

俗に「孫をみるなら犬を飼え」と言うフレーズがあるが、あながち否定も出来ないと感じた昨日の私である。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

2009年03月18日 07:08
おもしろ~い
かわいい~

これよくわかるわ~。
私たちが考えてることがわかるんだものね~。
何気に振る舞うのにウチのろんさんも察してしまう

最高よ!!ベルちゃん!!
すず
2009年03月18日 07:59
ヽ(。ゝω・)ノ☆;:*おはよう*:;☆ございます
ベルチャン病院嫌い良くわかるよ 我が家の亡犬も車で病院に連れて行かれたのが本当にイヤで車見ると逃げていましたから
ママのいいにおいもかげて いやなことからも逃れられて
やさしい飼い主さんでよかったね 詩化し病気は怖いからね
Seiko
2009年03月18日 08:43
ひゃ~~っ! 可愛い~~!!
なんって可愛い行動!
どうしましょう!! これじゃ~散歩になるよね~
で、注射をやめて散歩にいこうって言葉が
ちゃんとわかるのね!
すごいなぁ~~!!
それにしても、かくれんぼ♪ 可愛い~♪♪
たまたま
2009年03月18日 11:56
子供が産まれたら犬を飼え。そのココロは、子供が幼いころは守ってくれる、子供が成長すると遊び相手になってくれる、子供が青年になると死の悲しみを教えてくれる。って事ですか。
サチ
2009年03月18日 12:07
ぐーまさん こんにちは
うんうん 犬って本当に利巧よね。
時には人間よりずっと、、、。

兎に角ベルって可愛いです。
って、みんな自分んちの犬は可愛いみたいね(笑)
サチ
2009年03月18日 12:10
すずさん こんにちは
何時もベルを可愛がって下さってありがとうございます。

なんだか毎日ベルに生かされているように思います。
もう家族なんだなあって痛感しています。

そいうなんですよ。 予防注射は必須なんですけどねえ。
サチ
2009年03月18日 12:12
Seikoさん こんにちは
今日は色々とお忙しいようで、、。
転ばないように気をつけてね。

ね 可愛いでしょう?
でも狂犬病は怖いから予防注射だけはしないとねえ。
困ったもんです。

ろんさんみたいにに車好きだと有難いんだけど、
本当に困っちゃいます。
サチ
2009年03月18日 12:13
たまたまさん こんにちは
確かに犬を通じて学ぶ事って色々あります。
広い犬ですが連れてきてよかったと痛感しています。
いつもありがとうございます。
Tachn☆彡
2009年03月18日 19:50
⊃`ノ八"`ノ八_〆┤'-'*├
きょうは朝から告別式で出ずっぱり・・今やっと落ち着いたところです。
こんな可愛い姿見ると、疲れた心が癒されます。
隠れたつもり~~ベルちゃん見えて無いからね~~~o(*^▽^*)oあはっ♪

ほんとに何となくした仕草に顔がほころびますね。
犬って本当に可愛い!親馬鹿だって言われても良いねぇ~~
なべちゃん
2009年03月18日 22:07
ベルちゃんって頭が良いんですね。
いつも読ませていただいてて、ベルちゃんのような犬なら飼ってみたいなーなんて思ったりしていましたが、矢張り飼い主が良いからなんでしょうね。

私がボランティアに行ってる所にもアニマルセラピーと言って、毎月2匹の可愛い犬がやってきます。
犬って本当に可愛いね。
サチ
2009年03月18日 23:27
Tachn☆彡さん こんばんは
遅くまで大変でしたねえ。
冠婚葬祭、それも疲れるけど、不幸は神経的にも参るよね。ゆっくり休んでくださいね。

うんうん お互い可也親バカかもね(笑)
サチ
2009年03月18日 23:28
なべちゃん こんばんは
確かにペットは人間の心を癒してくれるようですね。
ベルは特別怖がりのようです。
捨てられたトラウマもどうも拭いきれないようで、
可哀相な気もするんですけどね。

いつもありがとうございます。

この記事へのトラックバック