寒がりすぎる時は

画像
↑一年中元気 我が家のローズマリー

Aさんが「今日はお客じゃなくて悪いんだけど」と来店した。嫌味のない会話や、他人の悪口を言わない気遣いが人柄を表すAさんが大好きな私は大歓迎だ。その上ケンタッキーチキンのお土産付だから何おかいわんやである。

しかしAさんの用事はそんな私に冷水を浴びせかけるものだった。去年の年末からご主人が異常に寒がるようになったというのだ。夫と同年なので、うちも稲地だよと安心させようとしたが、どうやらその度合いがかなりのものらしい。

車の中は暑くて同乗できないくらいだし、Aさんとは違う部屋らしいが、寝室も又エアコンをフル稼働させた上にヒーターまでつけていて、Aさんが入ろうとすると 熱気で眼鏡が曇ってしまうほどらしい。

AさんはPCをしないので、ネットで異常な寒がりを検索して欲しいと頼まれて、一緒に見てみると脳外科の受診が望ましいとあった。寒暖を感じる神経のバランスが崩れている場合があるというのだ。

Aさんのご主人程ではないにしても、夫もここ1-2年は寒がり過ぎるようになったようだ。歳を取ると実に色々な症状が出るものだと思いながら、受診も考えている我々夫婦である。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年01月24日 07:17
今朝は昨日と打って変わって寒い朝~★★

ローズマリーの花が咲くなんて・・・・ウチでは見たことがないです~。
外にあるからかしら??これは室内ですか??

今は何を聞いても自分に置き換えてしまいますね。
いさぎよくさっぱりと人生を終えたいと願ってもそうはいかないんですよね~(ショボン)
Tachn☆彡
2009年01月24日 10:50
('-'*)オハヨ♪さん
今日も又滅茶冷たいです。
こんな日はAさんのご主人余計に寒く感じるでしょうね。
どうしなくても高齢になると、血液の循環も悪く成り酸素の取り入れが少なく成りますから、体は寒くなります。
脳神経の事もそうかも知れませんが、この方は心臓は悪くないですか?
主人が心臓を患った当時は、真夏でも電気毛布使ってました。
心臓が弱ってるため血液の循環が悪く寒く感じるのです。
外から幾ら温めても寒さはあまり解決出来ませんでした。
循環器も行ってみるのも良いかもしれませんね。
Seiko
2009年01月24日 12:16
うわぁ♪ ローズマリー、一年中咲いてるんですね~♪

暑い寒いは、最近うちも激しいです~。2人とも。
動いてる人はメチャクチャ暑がり、座ってる人は
暖房の温度を上げに行く。
それでも足りずに毛布をかけたり、
動いてる方はたまらずにTシャツ一枚になる!
で、パソコンの前に座ると、急に寒くなって、
暖房の温度も上げて着まくり! ってことで、
老化で新陳代謝が悪くなった為の寒がりならいいけど、
Aさんのように異常なほどの寒がりや、
寒がりと同時に他の症状もあったら心配ですね。
考えられる症状や原因はネットに沢山書いてありますが、
動いても寒さを感じるようだと心配ですね。。。
サチ
2009年01月24日 15:32
ぐーまさん こんにちは
そうなんですよ。
何かにつけて自分の場合はってね。
それだけ歳をとったとゆう事かしらねえ

自分の最後はどうなのか?って考えないようにしても
折に触れて気になりますよね。 悲しいわね。
サチ
2009年01月24日 15:34
Tachn☆彡さん こんにちは
良い事を教えてもらったわ。
早速電話しますね。
きっと藁にもすがる心境だと想うのよね。

しかしTachn☆彡さんは医学的な知識が豊富ねえ。
心強いわ。
これからもよろしくね。

そういえばうちの夫も心臓が悪いんだったわ。
私は心臓だけは強いんだけど(笑)
サチ
2009年01月24日 15:40
Seikoさん こんにちは
ローズマリーねえ。 一年中外で咲いてるのよ。
これってお料理にもハーブティーにも重宝するよね。
きっと場所が合うんでしょうね。
動かしてないからこの場所がいいのかも?

うんうん 動いても温かくならないのは怖いよね。
兎に角どこが悪くても人間辛いものね。

こうゆう事があるからPCくらいみんなやればいいのにねえ。いちいち聞きにくるのは大変でしょうにって想っちゃうわ。

早く温かくなってほしいわねえ。
温かくなれば全ての状態が違ってくるのにね。
まあ ここは兎に角寒すぎるんだけど(^_^;)

この記事へのトラックバック