悲しい思い出

画像


ピンクの彼岸花の株がかなり増えてきたので、小分けした球根を近所やお客様に配りまくった。みな気持ちよく貰ってくれたが、Uさんは「ピンクの彼岸花を頂くなんて悲しい思い出だわね」と笑った。

彼岸花を好まない人はかなり多い。Uさんもきっと気が進まないのだろうと手を引っ込めた私に、折角の好意だからと彼女は大事そうに抱えて帰っていった。

その後来店したQさんにも手渡すと、彼岸花の花言葉が「悲しい思い出」であると聞かされ、なるほどUさんの言葉はこの事だったのかと遅まきながら気がついた。

そして「嫌なら置いていけ」などときつい言葉を投げなくて良かったとホッとした。心中穏やかならざるものがあったのだから、数年前なら迷わず発していただろうに、年を取るという事はこういう事なのかもしれないと、密かに胸をなでおろした出来事である。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

この記事へのコメント

Tachn☆彡
2008年04月05日 10:58
☆Heyヽ('ー'*)ノGoodMorning☆
ってもうお昼かな・・・
彼岸花の花言葉・・「悲しい思いで」・・ですか・・
その割には赤など鮮やかな色ですね。でも、矢張りこの花は仏様のイメージですよね。
ピンクの彼岸花って見た事ないです・・実物は・・
色々な色が有るのでしょう?
(ノ。σ、)☆ ̄ アァ~薬を飲んだせいか眠いです。
昼からは寝ます。
年のくせに切れるタイプです。人間が出来てないんですねぇ・・・
@(;・ェ・)@/反省…しなくては・・
Seiko
2008年04月05日 11:09
北海道には彼岸花が無いんですよ~~
ネットで初めて見て「なんて魅惑的な花」って感動しました!
花言葉は『悲しい思い出』の他にも、『物言わぬ恋』
『あなた一人を思う』『また会う日を楽しみにしています』
(曼珠沙華の花と葉が出会えないところ からきてると思う)
全部淋しくも美しく、素敵な花言葉でありんす~~

曼珠紗華はもともと仏教の言葉で『天上に咲く花』という意味で、
見るものの心を柔軟にし、悪行から解き放たれるとも、

毒があると言われているけど、これまた、嘘かまことか!
飢饉のときの非常食となっていたとも聞きます。
彼岸花の毒は水にさらせば消え、デンプン質が豊富で栄養価も高く、
球根をすりつぶせば薬にもなるとか! でも!
彼岸花は繁殖力が弱くて、一度摘まれるとなかなか生えてこない。
だから、摘まれない様に「彼岸花は毒だ」と言い伝えたんですって!
でも、食べないでね(爆!)

株が増えて小分けして差し上げているなんてすばらしいわ!!
最後の命の綱って言われてる最高の花なのですもの♪
きっとサチさんにいい事があるわ♪♪
サチ
2008年04月05日 19:18
Tachn☆彡さん こんにちは
お疲れは取れましたか。大事にしてくださいね。切れるという事は、体調を維持するためには大事な事だと思います。

自分を抑制させてしまうと、やはり精神面に歪が出て不健康になります。
感情は素直に発散させた方がいいと思うわ。

自分の体調は自分でコントロールするしかないし、感情を押さえ込むと、余分なトラブルを呼びかねないしね。極言すれば誰にどんな迷惑をかけようと素直に切れちゃった方が身のためではないかと、、、(笑)

お互いに頑張るしかないわよね(爆)
サチ
2008年04月05日 19:21
Seikoさん こんにちは
今日もお出かけしてしまったので、帰宅後に待ち伏せしてたお客様にパーマをかけました。
自業自得だけど疲れたわ。

桜ももうそろそろ終わりに近いかなあ? 桜ってその土地によって感じ方が違うのが面白いよね。 同じソメイヨシノでも余り綺麗に感じない場所もあるし、水辺だったりするとめちゃめちゃ感激したりね。

桜が終わると次々といろいろな花が咲くけど、桜ほど魅力はないからそれなりに楽しもうと思ってます。いい季節よね。 そちらの桜も梅も早く咲くといいわね。

この記事へのトラックバック