熟年離婚

画像


ごくごく身近なS夫妻の離婚が決定的だ。奥さんは私に、ご主人は夫に半年ほど前から色々打ち明けてくれていたが、我々夫婦には彼らの離婚を止める事ができなかった。大人同士の離婚だから、精神的にははっきりと割り切ってくれているので、相談されると言うよりは、我々双方ともに聞き役に徹して、結論は自分達が出してくれたのはかなり有り難い。

問題は財産の分割である。家と土地、若干の畑と田んぼ、他には預金が少々との事だが、長男夫婦が、本人達の決めた分配に意義を唱えているらしい。財産は夫婦で築いた物だから、夫婦で折半という結論に、自分達の取り分を主張して譲らないのだという。

これにはちょっと驚かされた。どういう理由で子供が親の財産を望んでいるのか、子供に口止めされているからと彼らは話そうとしないが、我々も聞かない方が気が楽である。小さい時から、親の言うことを良く聞く、出来の良い子だったのに。彼ら3人は、舅も姑も、小姑もいない、我々夫婦から見れば理想的な家族だったのに。

姑が存命の頃は、我々夫婦もS夫妻には色々とお世話になっているので、できれば円満に、平和な余生をおくって欲しいと思うが、子供の私欲で離婚を防げたとしたら、これもまた
素晴らしい事のように思えたりするのである。

人間何が幸いするか判らない。子供の私欲のために嫌な家庭を捨てられないと嘆く彼らは、どこか間違っていないだろうか。本当に嫌なら、財産など関係なく即別居となると思う私は単純だろうか。

自分だけの自分の人生、自分のために大事にしたい物である。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Kimiko
2006年07月13日 10:19
先日来、数度、
朝日新聞(東京)の取材を受けています。
テーマは……、
今日のSachikoさんと同じ
『熟年離婚』。

きっかけは、
インターネット(アスパラクラブ)の
アンケートに答えたことからでした。

主人も、子どもたちも、親しい友人も、
亡くなった母たちも、誰も知らない
『私の心の内』…・・。
それが活字になって、新聞に……。
なんだか可笑しい♪

連載は今日からスタート(1面、22面)。
どんな記事になるのでしょう。
サチ
2006年07月13日 12:07
kimikoさん こんにちは
熟年離婚は、今時最も興味を引くテーマだそうですからね。
誰も知らない自分だけの心の内、むろん私にもあります。
大きな声で叫びたい心境、、、かな?

まあ平和でいたいから秘めては居ますけどね。
残念ながら我が家は読売なので、後で検索して読んでみますね。
いつもありがとうございます。
Tachn☆彡
2006年07月13日 19:37
難しい問題ですね。実は主人が発病した当時,心臓病と言う病名の怖さから、狂ったように成り酷いものでした。その時離婚を考え用紙まで
取りに行きました。しかし、いざと成ると云えなくて結局この歳まで来てしまいました。あの時別れてたら、今は如何なって居たかな?と考えてしまいました。
一人に成って自由にしたい!この気持ちは今も有ります。でも、無理に一人に成ってみても果たしてどうなんだろう?この歳に成ってからではもう遅いかも・・特別な理由が無い限り離婚は出来ないような気がします。
どちらが先にあの世とやらに行くか?私かも知れないし・・
出来るだけ好きな事させて貰います。って思ってます。
Tachn☆彡
2006年07月13日 19:40
追伸
BBSのステンドは日本製でした。作者・・加茂光雄だそうです。
色々なデパートで展示会してます。結構有名らしいのですが・・
サチさんご存知ですか?
Seiko
2006年07月14日 00:47
>子供の私欲のために嫌な家庭を捨てられないと嘆く
そして捨てられなくて離婚しなきゃいいのに!
と思うけど、
何しろ、人は皆様々、考えが違うし、環境も立場も違うし
何も言えませんわね。
サチ
2006年07月14日 05:31
Tachn☆彡さん おはようございます。
誰でも一度は考えることなんでしょうけど、本当に人それ添えですね。
離婚ってものすごくエネルギーが要るから、私は余程悲惨な状態でない限りは反対なんだけど、それも自分達の人生だしね。

私たちもどちらが先に逝くか判らないけど、
したい事だけはお互いにしようと思っています。
まあ その許容範囲が難しいんですけどね。

お互いに楽な余生をおくりたいわね。

加茂光雄と言う人を私は知りませんでした。
と言うより、私sてんどの作家って殆ど知らないんです。

お教室では作り方は習ったけど、作家に関する講義はなかったし、
殆どは、作品そのものの印象ばかり残って、作者にまで思考が及ばなかったけど、考えたら絵だって曲だって、作者は大事なのにね。

というより、作者から入る作品の方が多いのにね。
ステンドグラスの場合は、その辺の所がストンっと落ちて居るみたいです。 高名な方なんでしょうねきっと。
サチ
2006年07月14日 05:34
Seikoさん お帰りなさ~い。
疲れたでしょう? でもお出掛けできて良かったわね。
お墓参りって終わらせると気分が良いもんね。

うんうん 離婚も結婚も個人差があるしね。
私は私だから。
あまり私に相談しないでよ、、みたいな心境なんだよね実は。

この記事へのトラックバック