赤城山のれんげつつじ

画像


ある方のサイトで赤城の写真を拝見して以来、蓮華つつじの赤と新緑とのコントラストが脳裏から離れなくなってしまった。赤城は数ある群馬の山の中でも夫婦共に好きな所の一つである。いつも立ち寄る焼きとうもろこしやさんに電話してみると、辛うじて未だ間に合いそうだ。

朝の一仕事を急いで終わらせて、心躍らせながら小沼に着いた時には、沼は未だ朝の空気が満ちていて、人影もまばらだった。期待していた蓮華つつじは、完全に終わっていて、とうもろこしやさんを恨めしく思ったりしたが、続いて覚満淵に行くとそこにはまだなんとか花びらが残っていた。

枯れてない所を探しながらシャッターを切ったが、辺りには山鶯や名も知らぬ小鳥の鳴き声が響き渡って、清清しい空気が体中に満ちてくるのを感じ、思わず両手を大きく広げて深呼吸をしてしまった。

湿原にかかった木道は一周で一㌔程だが、半分くらいの所で深い霧に覆われ、あっという間に周りが見えなくなった。 直ぐに切れてきた霧の間からは白く光る水面に、僅かに咲き残った蓮華つつじの赤が映えて、形容しがたい美しさだ。

小鴨が数匹、波紋を残しながらすべる様に泳ぎ、親鴨が数メートル離れて追う様を見ていると、もっとのんびりしたかったが、午後からは予約が入っているので、気持ちを残しながら帰宅した。かなり慌しかったが、素敵な初夏の半日だった。

ブログランキングに登録しています。すみません こちらをクリックしてご協力お願いします。

赤城山のれんげつつじのスライドをアップしました。こちらから ご覧頂けると嬉しいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Tachn☆彡
2006年06月30日 06:47
('-'*)オハヨ♪ございます

朝一素敵な自然!矢張り自然は良いですね。臨場感溢れる画面にうっとり(*´ρ`*)ホワワーン、美しい画像にはテクは不必要ですね。
それだけで充分です。静寂が凄く感じられました。霧の切れ掛かった景色も美しい!森林浴を満喫されて良かったですね。
美しいスライドヽ(゚ω゚*[Thank You!!]*゚ω゚)ノです。
ぐーま
2006年06月30日 06:55
蒸し暑い夜が続きます~~。
それでも、朝、揖斐川の右岸をウォーキングし、帰宅して、コーヒーを飲みながら庭のメダカたちの様子を一通り見て(野生メダカ、ヒメダカ、白メダカ)3種類が火鉢水槽や睡蓮鉢水槽に10個も!年々増えてもらい手を探すのに一苦労です。

そしてサチさんのところへ~~~♪
今朝もすてきな写真を見て気分も晴れ晴れです。
2週間前、南信州の治部坂高原に立ち寄りましたが、やはりここもその時には終わりかけでした。
花のチャンスは、その年にもよるので去年のこの日‥・・・と思っていくと外れることもありますね。


サチ
2006年06月30日 08:20
Tachn☆彡さん おはようございます。
その通り。 美しい画像にはテクは要らないよね。
でも私のこれが美しい画像とはおもえないんだよねえ(^_^;)

まあ 実景は素晴らしかったからあの感触だけは脳裏に焼きついているけどね。

森林浴って、本当にいいです。
赤城に別荘買うと2千万弱なのよ。
この家を売ればなんとか買えそう。

あ そうすると別荘ではなくて棲家になるのかあ?
うーーん それだとちょっとねえ(笑)
サチ
2006年06月30日 08:33
ぐーまさん おはようございます。
いつもありがとうございます。
治部坂高原って、多分一度行ったことがあるような、、、
ますを焼いて食べた事だけ覚えています。

ぐーまさんのお近くにも川があるんですね。
ここにも車で5分ほどで利根川があります。

時には川岸をジョギングしますが、太目の体形が恥ずかしくなるほど、
皆さんスリムなんですよね。
私も頑張らなくちゃあ。
Seiko
2006年06月30日 10:33
ある方のサイトで、、、
きっと、その、ある方は、感性豊な素晴らしい方なのでしょうね
サチさんのスライドショーを見て、そう思いました♪

静かに流れるような美しい景色♪
時に幻想的で、時に晴れやかで、時に切なくて、
素晴らしい画像に酔いしれました♪

気合が入ると違いますわね、奥様~~♪♪
Tachn☆彡
2006年06月30日 11:46
サチさん、メッ ☆ヾ('・'*)欲を言ってはいけません。一眼レフでないカメラで此処まで撮れたら凄腕です。
私はサチさんに一眼勧めたいです。だってバイオリン奏者だって名器を選ぶし、宮本武蔵も、佐々木小次郎も、柳生十兵衛も、名刀持ってたもの・・尤も『弘法、筆を択ばず』って言葉も有りますから・・
余り偉そうな事は云えませんが・・私の気持ちで~す。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ
サチ
2006年06月30日 16:58
Seikoさん こんにちは
大丈夫? 無茶しないでよね。

うんうん 気合入れると出来の良し悪しはともかく、
納得出来る写真は撮れるよね。
だからフラッシュにするのも早かったよ。
人間の感情って面白いよね(^_^)
サチ
2006年06月30日 17:00
Tachn☆彡さん 一眼は持ってることは持ってるんですけどね。
SL以外は殆ど使わないんです。
昔のだから、レンズの付け替えが面倒で、、、。

今のはとても簡単に出来ているようですね。
考えてみますね。 どうもありがとう。
散人
2006年06月30日 18:15
平地に住む者は季節が移り変わっていくことを
黙って見送る意外に術(すべ)がありません。

でも、この国は有難いことに山国なんですね、
遠くへ行くのではなく、少し目線を変えて
上(山)に向かうと季節を取り戻すことが
できるのです。
それが良いか悪いかではなく、そういう
ことが可能になるとしたら、
サチさんはきっと躊躇無く季節の後姿を
掴もうとされるに違いありませんね。

ひと月遅れの季節を味わえる赤城山が
目の前にあるのですから
思う存分掴みとってくださいね。

信州の山は今が新緑です、身体中から
緑を滴らせて旅を続けています。

一番写り難い『情緒』が写る写真は
紛れも無くサチさんのこころが写し取った
ものです、カメラではありません。
小さなカメラでも不自由しないことを
続けてくださいね。
便利すぎる道具(例えば最新の一眼デジ)は
感性を鈍らせてしまいかねませんから・・・

再び覚満淵の木道に佇んで鳥の囀りを
聞いている気分です。
サチ
2006年06月30日 20:16
散人さん こんばんわ
今日は暑い一日でした。
昨日の素敵な半日がなければ、かなり疲れ果てたと思われるような湿度の高い、しのぎにくい感じの。

冬には赤城おろしがこの辺りまで容赦なく襲ってきます。
昨日はその埋め合わせをしてくれているかのような、
素敵な光景を見せてくれて、充分幸せでした。

デジカメが捕らえた無機質な写真に、撮り手の心が情緒のコーディネートを。
心に染みました。肝に銘じます。

今頃の信州は新緑一色でしょうね。どうぞ素敵なご旅行を!
ご覧下さいましてありがとうございました。
KUBO
2006年06月30日 21:11
今年も半分終わりましたね。
「つれづれデジカメ日記」、毎日楽しく拝見させてもらっています。
人の心の機微に触れた文章に感服しきりです。
私など、今年はやってみようかなと思ったのですが、なかなかどうして。

後半も楽しみにしています。
珠木沙耶
2006年06月30日 23:35
こんばんわ~~♪素晴らしい赤城山の映像をお二人のHPで
拝見できて♪るぅるぅるぅ~~♪でございます(^0^)
うちにも貴重な一枚が(!爆)

サチ様の行動力と探究心と洞察力にただただ感動し
PC初心者のわたくしは山口にいながら
美しい日本の風景に魅了されております。

又今日も・・くりっく~!くりっく~!なんばぁぁ~わぁ~~ん!(笑)

サチ
2006年07月01日 07:55
KUBOさん おはようございます。
いつもありがとうございます。

性格もあるでしょうけれど、私の仕事はかなりストレスが溜まるので、
発散させたくてこの日記を始めたんですけどね。
いつのまにか方向が変わってきたようです。

これからもどうぞよろしくお願いします。
サチ
2006年07月01日 08:00
沙耶ちゃま おはようございます♪
今回は赤城の存在を再認識できて、嬉しかったです。
ネットってありがたいですね。

いつもクリックありがとうございます。
励みになります。
これからもどうぞよろしく。

この記事へのトラックバック